社会

【カルト・幸福の科学】在家支部長は、無給の奴隷労働

1200px-Baphomet.png

http://tanemura1956.blogspot.jp/2012/07/blog-post_4551.html

在家支部長は、無給の奴隷労働です。

本部に絶対服従を誓わされ、怒鳴られ、支部では信者に苛められ、

多忙と過酷なノルマで家庭は崩壊。

(選挙の時は、「江夏」に怒鳴り散らされたそうです)

歯磨き粉、シャンプー、テッシュ、トイレットペーパーなどの補充さえ 出来ない、と言ってました。

「家庭破壊者」が「家庭ユートピア」を説き、 「家庭ユートピア祈願」の導師を務めるナンセンス。

KKは異常です。

大黒天たちは、悉く資産を毟り取られ、消えてゆきます。

現在、辛うじて支部に残っているのは、情報音痴、IT音痴の老人ばかりです。

老婦人たちは皆、布施をし尽くし、極貧生活で、 髪を染めることも出来ない白髪の山姥ばかりです。

「斑狼」も大勢居ます。

支部は、一目で「貧乏」と分かる老人がボロボロで集う「貧乏神の館」です。

鼻毛ぼうぼうの山姥たちが、

「宇宙の富よ、やって来い!!」 

「富、無限大!!」

と叫びながら、踊り狂う様は、狂気としか言い様がありません。

あんな恐ろしい光景を一般の人が見れば、恐怖して絶対、近寄りません。

支部、精舎とも、カンカン閑古鳥です。

3bcf8973-1ef3-4862-bf46-c2d110052ae7.jpg
スポンサーサイト

0コメント

コメントの投稿

フリーエリア




最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新コメント