政界・政治

豊田真由子も山尾志桜里も「724」── 議員会館の“呪われた”部屋番号

豊田真由子も山尾志桜里も「724」── 議員会館の“呪われた”部屋番号

724という数字には、魔力でも潜むのか──

豊田真由子(42・埼玉4区)と山尾志桜里(43・愛知7区)と言えば、最も注目を集めている衆議院議員だ。

前者はパワハラ、後者はW不倫の報道で、共に自民党と民進党を離党。無所属の議員となった。

この724なる数字は、2人の事務所と関係がある。

 ***

豊田議員の《国会事務所》と山尾議員の《東京事務所》の住所を見てみよう。

それぞれ公式サイトに掲載されている名称に従ったが、意味は両方とも同じだ。

漢数字と洋数字が混在するが、そのまま切り貼りする。

《衆議院第1議員会館724号室》が豊田議員で、《衆議院第二議員会館724号室》が山尾議員。

ご覧の通り、共に724号室なのだ。

偶然というには、あまりに興味深い。




衆議院も参議院も、国会議員の東京事務所を「議員会館」で提供している。

衆院は第一と第二の2会館が建ち、参院は1つだ。

3つの議員会館は並んで国会のすぐ脇に位置し、どれも住所は「千代田区永田町2丁目」となる。

「国会議員の東京事務所の合同庁舎」と解説されることもあるようだが、読者の中にも、議員への陳情などで会館を訪れた方がいるかもしれない。

議員は地元選挙区に最低でも1つ、そして議員会館に東京事務所を1つ設置するのが一般的だ。

ちなみに、スキャンダルとは全く無関係で申し訳ないのだが、参議院の議員会館で724号室を使っているのは

元TBS解説委員で、テレビでもおなじみだった民進党の杉尾秀哉議員(59・長野県選挙区)だ。

悪ノリすれば、豊田議員と山尾議員が東大法学部、そして杉尾議員は東大文学部。

日本の最高学府を卒業した3議員が724号室を使っていることになる。

豊田、山尾議員の場合は共に1974年生まれで、東大法の同期にあたる。

更に近似性は高い。

フロイトと並ぶ精神医学の巨人、ユングは「意味のある偶然の一致」を「シンクロニシティ=共時性」と命名した。

果して724号室の連鎖に「意味」があるかは皆さまのご判断に任せるとして、並大抵の偶然でないことは誰もが同意してくれるだろう。

初当選の議員は、部屋をどうやって決めるのか

ここで疑問が浮かぶ。

そもそも議員会館の部屋は、どうやって決まるのだろうか。

落選議員が退出し、初当選の議員が入ってくるのは簡単に想像できる。

だが、リアルな部屋割りとなると見当もつかない。

衆議院第一議員会館なら、部屋は301号室から1224号室。

第二は201から1224号室だ。例えば第一の301は麻生太郎副総理(76・福岡8区)で、第二の1224は井上義久・公明党幹事長(70・比例東北ブロック)となる。

この2人は、どうやって今の部屋をあてがわれたのか。

初当選の時にくじ引きを行ったのか、議会事務局が決めてしまったのか、はたまた党が命じたのか……。

衆議院事務局に聞いた。

「衆院の場合は総選挙後、各会派の代表が集まって協議会を開きます。

ここで各会派が調整し、どの部屋をどの議員が使うかを決めます」

会派とは国会議員2人以上で結成する団体を指す。

衆院の最大会派は「自由民主党・無所属の会」で、自民党285人、新党大地1人、無党籍2の288人で構成されている。

この会派単位で初当選の議員に部屋をあてがっていくというわけだが、新人は大人しく従うにしても、ベテランになるにつれて、不満が募ったりしないのだろうか。

忌み数でいえば、「13日の金曜日」でおなじみの13階は、3つ全ての議員会館で12階が最高階のため存在しない。

ただし「死」を連想させる4階はある。

ゲンの問題でなくとも、「私は高所恐怖症だから12階は嫌だった。

最も低い階と交換したい」という要望などは出ないのだろうか。

議員同士の合意があればいいわけだし、事務局によると禁止する規定はないというが、実情はどうか。

「衆議院の場合、2010年に新しい議員会館の使用が開始されましたが、それから現在まで、当選議員間による引越は、全くございません。

10年以前の旧議員会館でも、ほとんどないようです」(同)

次回の総選挙で、豊田、山尾両議員の当落によっては、724号室に初当選の新人議員が入る可能性もある。

「4」がかわいく思えるほど、お世辞にもゲンのいい部屋とは言えないだろう。

同情を禁じえないが、反面教師と思えば気も楽になるかもしれない。
スポンサーサイト

0コメント

コメントの投稿

人気ブログランキング






にほんブログ村 小遣いブログ 楽天アフィリエイトへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学 批判・告発へ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 独身シニアへ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新コメント