政界・政治

山尾志桜里が密会した「お相手弁護士」妻は病気療養中だった




山尾志桜里が密会した「お相手弁護士」妻は病気療養中だった

「男女の関係はありません」

目を潤ませて不倫を否定するのは、民進党・山尾志桜里元政調会長(43)。

9月7日、9歳年下のイケメン・倉持麟太郎弁護士(34)とのダブル不倫疑惑を報じられ、離党届を提出、謝罪に追い込まれた。

「週刊文春」によると、山尾氏と倉持氏は、9月1日の民進党代表選の前後に「週4日」の密会。

異例の党幹事長抜擢が内定した2日は、都内ホテルで一夜をともにしたという。

2人とも、不倫関係は全面否定。

だが、伏線があったのだ。

「山尾さん夫妻は、協議離婚に向けて、2016年末から、本格的に話し合いを始めていました」(山尾夫妻と親しい知人)

山尾氏の夫・Y氏は、IT業界で事業を展開する企業家だ。

山尾氏の2009年の初当選から、2012年の落選後の浪人期間、妻の資金面を支えてきた。

だがーー。

「Yさんが関与していた事業のひとつで、資金トラブルが起きていました。

この苦情が2016年末くらいから、山尾事務所に来ていました。

しかも、山尾さんはYさんからこの事業についてまったく聞いておらず、一気に不信感が高まったようです」(同前)

山尾氏は、2011年に長男を出産し、育児をしながら議員活動をしていた。

「三行半」の伏線はここにもあった。

「もともとお酒が好きで、人づき合いがよかった。

でも出産後は、『子供のことがあるので』と、会合の途中で帰ることもしばしば。

『夫が子供の面倒を見てくれたら、出られる会合もあるのに』とこぼしていました。

旦那さんとは、よく育児の分担について揉めていたそうです」(民進党女性議員)

さて、山尾氏が夢中になった彼には、妻子がいる。

2人は、倉持氏のマンションで、8月28日と31日に密会している。

9月7日、その部屋から出てきた倉持氏の妻を直撃した。

「脳梗塞の前ぶれがあり、主人のすすめで、療養のため子供と実家に帰っていました。

自宅に戻ったのは、9月2日で、本当に状況がわかりません」

妻子が留守中に、山尾氏を自宅に上げていたわけだ。

しかも、「倉持氏は、周囲に離婚話を漏らしていて、妻とは離婚に向けて話し合いをしていると聞いた」(倉持氏の知人)。

各々の道で一定の評価を得た2人のなんともゲスい逢瀬。

山尾氏は「保育園落ちた日本死ね」という過激な表現を国会の場で取り上げ、「働く母親の味方」のふりをしていた。

だが、不倫報道が本当なら、全国の働く母親を裏切ったことになる。
スポンサーサイト

0コメント

コメントの投稿

人気ブログランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ





最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新コメント